通販で大人気!?アロマテラピーが相場の価格より安い値段 2017年度

現在!ハーブティーにはまっていてハーブの効能や知識取得のために購入しました。悩み別ハーブレシピは、身体がおかしいな〜?と思った時に参考にして、ハーブをブレンドしています。ハーブレシピは効能別に出ています。

早速ご紹介!

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

アロマテラピーハーブティー事典 [ 佐々木薫(アロマテラピー) ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

香りは本当に癒されます!最近、食後のティタイムにハーブティを飲んでいます。いろいろ知りたくて購入しました。48文字順にハーブティについて説明してあります。ハーブティーって手軽な飲み物だと思っていましたが、意外に難しいものなんです。ハーブを使った焼き菓子をよく作るので!一冊持ってると便利です。しかも3種類までのブレンドなので気軽に手軽にトライできて嬉しいです。個人的には、胃がすっきりしてデトックスにもなるペパーミントのハーブティーが好きです。中には載っていないハーブもありました(ディルシードなど)中国茶なども載っていればいいなあと思います。この本があれば!きちっと勉強できて安心です。50音順になっているので、調べたいハーブがすぐ分かるようになっていました。また「これ飲んで見たい!!」というのも簡単に見つかるのではないでしょうか。体調や気分に合わせて、いろんなハーブを試せるところがいいですよね。ハーブの種類と効果一覧表、症例別のブレンドレシピがあるので自分にあったハーブティーを見つけやすいと思います。症状別にブレンド処方箋も書いてあるので手軽に調べて調合できますね。一番利用しているハーブの本です。コラムではハーブを気軽に生活に取り込めるヒントがいくつも書かれています。定番品種は網羅していると言っても過言ではないでしょう。ハーブティーにはまってしまい!効能をかなり信じています。間違えると大変なことになりそうです。ア行からハーブ画像!コメント(作用・香りと味・飲み方・注意点・利用法)がたっぷり掲載されています。目が痒くてどうしたものかと思い、他にもいろいろな効能のあるものが紹介されているのは便利だろうと思って購入しました。読みやすいですが、もう少し詳しくても良かったかな、と個人的に思います。1つ1つのハーブに!作用/香りと味/飲み方/注意点/利用法が載っています。ハーブティ初心者の私でも分かりやすく、画像もふんだんに掲載されているので買って良かったです。作用、香り、飲み方、注意点、利用方法が書いていますので私のような初心者でも理解しやすい内容でした。アロマなどを勉強されている方は「アロマテラピー図鑑」「手作りの石けんと化粧品」などもおすすめです!!ネットで効能を調べてブレンドしてみたりしていましたが、ちゃんと効果のあるブレンドを知りたくて購入しました。ドライにしたときの画像付きで分かりやすいのですが!自家栽培を考えているので栽培中のフレッシュハーブの画像付きだとイメージしやすかったです。シングルティーで淹れたときのティーのカラー付きです。飲みあわせや症状別。その豊富な種類とわかりやすい説明、ハーブティーとしての楽しみ方だけでなく、うがいや外用的なメディカルな知識やその主要成分なども簡潔に記載されているのでとても役立ちました。いろいろと出ていて便利です。アロマオイル事典なども散々比較して購入したような私ですので、絶対オススメ。漢方薬のように、薬効の高いものまで。ハーブの専門店おすすめだったので!以前から気になっていました。和のハーブも数種類書かれています。特に初心者さん!この本!損はないです。それでもこの内容と価格ですし!手頃なので広くお薦めできる一冊だと思います。悩み別レシピも充実していました。それぞれのハーブについて効能や味!楽しみ方がわかりやすく書かれています。内容は108種のハーブティーが1ページに1品種づつ紹介してあります。品種毎・目的で読めるよう!全カラーでとても見やすく記述・構成されています。和のハーブ!珍らしいハーブについても記載があり!充実した一冊です。。私はこれを読んで育ててみたいハーブが増え、注文してしまいました。とにかく扱っているハーブの種類が108類と非常に多く!ハーブ1種類ごとに1ページを使用しているので!解説が詳しくわかりやすいです。ひとつひとつのハーブについてはあいうえお順で調べやすく、ブレンドレシピは目的別でこんな症状の時はという感じで載っているのでわかりやすかったです。いろんなハーブを買い込んではみたものの、どのような効能があるのか詳細が分からなかったため、この本にたどり着きました♪一般的に販売されているハーブのほとんどは記載があります。写真も豊富なので見ていても楽しめます。また症状別の処方、ハーブティの選び方、保存方法、入れ方、飲む以外の使用方法、ジュースとのブレンド方法がかかれています。もちろん作用別一覧表もあります。実は私、様々なハーブティ事典を書店店頭で散々比較してこの本にきめました。ハイビスカスの赤!マロウブルーの青はすごくキレイな色でした。またドライばかりで、フレッシュハーブについて詳しいことは載っていませんので、フレッシュの扱いを知りたい方は別の本をお薦めします。ハーブティって興味はあるけど種類が色々ありすぎてそれぞれの効能とかってわかりずらい・・・ そう思ってたのですが、この本1冊で解決しました。深く勉強したい訳ではなく!ハーブティーをできれば体に効くように飲みたいと思う私にはちょうどよい本でした。但し!「事典」とはいえあくまで「ハーブティー」の本ですので!詳細な成分や薬効などの記述はありません。これから楽しませてもらえそうです。まずは図書館で試し読みを2回ほどしたのですが!どうしても手元に置きたくなり購入。佐々木薫さんの本はこれで3冊目。初心者の私でも!分かりやすく!情報量も豊富で読みやすかったです。